鈴蘭ノオト 3


忍冬

つる性の草木はいったん根付くと
困ってしまうくらいよく伸びる
ポスト周りを明るくしたくて植えたハニーサックルが
とても元気に増殖中

20180522845.png

昨日はニゲラを描いて
抽象を2枚描き
今日もその続き

20180522849.png

雨が苦手なこの白い薔薇は
太陽光の下ではまるで真珠のような輝きを放ちます







  1. [ edit ]
  2. nature
  3. / comment:0

葉っぱ

花よりも
もしかすると好きかもしれない
花がなくても絵になる葉っぱたち

ホスタとワイヤープランツと
ブルーアイスの影

201805211422.png

季節の花と抽象の催促メールが来てしまった
全部終わったら美術館に行こうかな

  1. [ edit ]
  2. nature
  3. / comment:0

鳥になる

201805161425.png

絵本を描くために行った海
いちにちじゅうだって眺めていられそう

  1. [ edit ]
  2. デザインの仕事
  3. / comment:0


自然消滅

締め切りがあって
絵本の会議があって
秋のコンサートの仕事を頼まれて
そして今日は突然の不幸があり
葬祭場のある海沿いの小さな町へ
各駅停車ローカル電車でちょっとした旅気分
1時間に1本しかないのよ
もうびっくりー!

帰ってきてから
散らかった西洋手毬や薔薇の掃き掃除などをする
庭仕事の後の冷えたオランジーナの味は格別

201805151537.png

そんなこんなでもう初夏の陽気ですね
自然消滅したと思い込んでいたオールドローズ
【マダム・ピエール・オジェ】が
ぽこぽこっと咲いていました

日当たりが悪いからと
鉢に植え替えてあげたことを完全に忘れ去っていたわけで
何となくじわりじわりと思い出してきた
自然消滅したのは
私の記憶細胞かもしれない



  1. [ edit ]
  2. note
  3. / comment:0

青い空 青い海

寒い
何なのでしょうこの寒さは
県内には0℃になった所もあるもよう
ダウンベストは洗ってしまったし
羽毛布団もオイルヒーターも仕舞ってしまったし

201805091552.png

冬のような寒さに耐えながら
夏の海辺の絵を描く
ハマヒルガオ
ハマエンドウ
鳥とカモメと
ウサギとカメ
カタツムリにシジミチョウに
そしてヒト5人

201805091611.jpg

実験室にうさぎのぬいぐるみを描き込んだのがきっかけとなり
「うさぎ先生」が準主役の絵本になりそうです





  1. [ edit ]
  2. デザインの仕事
  3. / comment:0

私の名は

201805052014.jpg

前回の「君の名は」の花は
購入履歴を調べたところ
去年の10/26に届いた「シラー:ペルビアーナ」1球604円 と判明
Mさんにも「オオツルボ(大蔓穂/学名 Scilla peruviana
だよ」と教えていただいた

201805051507.png 

花の名前なんて
ぴったりなものもあれば可哀想なものもあって
自分がそれでよければ何と呼んだって構わないと考えている

飼っているカタツムリを「もりもりくん」と呼んでいるように
この花に名前をつけるとすれば
「プラネタリウム」
「星月夜」
…とか…

昨日今日と寒いくらいなので
庭の星月夜はまだまだ見頃
写真は今日の撮影です

201805051716.png

「すずらんはやっぱりひとえの方がいい」
なんて去年は書いたけれど
今年の八重のすずらんは
株がゆっくり着実に育ってきたせいかとても綺麗です
こちらも今が見頃


カモメになったり
クロツグミになったり
カタツムリになったりしながら
大きなサイズの水彩画と格闘中
1週間後の会議までに間に合うだろうか


  1. [ edit ]
  2. nature
  3. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>